そのいぼ危険かも?体に出来た気になるいぼは手術で適切に処置!

確実にいぼを治療しよう

女性

気になるいぼが出来たら必ずクリニックへ

もしも、いぼが顔などの目立つ場所に出来たり、あまりに形が大きければ取りたくなってしまいますよね。ですが、いぼを自分で取るのは大変危険です。傷口からバイ菌が入ったり、傷跡が一生残る可能性もあります。いぼの種類によってはウイルスを持つものもあるため、いぼを取ったとしても皮膚の内部にはウイルスが潜んでいる可能性があります。完治していなければ、再発する場合もあるので注意が必要です。クリニックでの処置なら確実にいぼを除去出来ますし、その後のアフターケアも適切に行う事が出来るでしょう。いぼの手術にはいくつかあり、直接肌に出来たいぼを除去する方法ではレーザー治療、液体窒素があります。これらの手術は直接いぼを除去するので痛みが伴う場合もありますが、すぐにいぼを除去出来るので、治療を早めに終える事が出来るのがメリットです。なかなか定期的に病院に通う時間が取れない方におすすめ出来ます。自分のライフスタイルに合った治療方法を選択するように注意しましょう。

レーザー治療で手術を行う場合

レーザー治療は、基本的にどんないぼにも対応している優れた治療法です。老人性のいぼはもちろん、ウイルス性のいぼの除去も行えます。ウイルス性のいぼの場合は、ウイルスの原因となる部分まで切除しなければまたウイルスが再発してしまいます。そのため、いぼの表面だけではなく根元までくり抜いていきます。レーザー治療は、いぼをピンポイントで焼き切るので痛みや出血が少ないのも特徴です。ダウンタイムも少ないので、手術を終えた後にすぐに元の生活に戻る事が出来ます。また、レーザー治療はいぼの大きさによって価格が異なるので、カウンセリングで事前に手術にかかる価格を確認しておきましょう。
どのいぼにも対応できるレーザー治療ですが、医師の腕によっては結果に満足出来ない場合もあります。医師の技術力が十分でなければ、確実にいぼを除去する事は出来ません。また、レーザー治療の経験が不足していると機械の操作が上手くいかず必要以上に肌を傷つける心配があります。確実に手術を終えるためにも、経験豊富な医師に手術を任せましょう。

液体窒素で手術を行う場合

液体窒素は、いぼ手術の中でも昔から多く用いられるスタンダードな手術法です。マイナス196度の液体窒素をいぼの部分にあてる事で、いぼの細胞を壊し、除去を行います。液体窒素で1度いぼを除去すると、皮膚が再生しようと盛り上がってくるので確実にいぼの原因となる部分を除去する事が可能です。さらに、液体窒素によりいぼ手術は保険が適用されるので、リーズナブルな価格である点も魅力です。液体窒素なので、どうしても患部には低温やけどが起こってしまうため痛みは伴いますが、確実にいぼが除去出来る方法です。痛みが気になる場合は、局部麻酔などの使用が可能な場合もあるのでカウンセリングで相談を行いましょう。許可が下りた専門の医師のみが液体窒素を扱えるので、安心して手術を任せられるのもメリットです。